歯並びを整えて虫歯などの危険性を回避しよう

口内の欠損を補うもの

歯医者

目立たず汚れにくい

歯のセラミックとは、虫歯で削った部分や穴が開いた部分を覆ったり塞ぐ役目をしている詰め物のことを言います。従来では、セラミックの代わりに銀歯を使うのが一般的でしたが現代ではセラミックがほとんどの割合を占めていると言われています。セラミックの特徴としては、歯と同じように白いので目立ちにくく陶器の一種であるため銀歯と違って虫歯になりにくく口内環境を清潔に保つことが出来ると考えられています。銀歯は、金属が使われているので使っているうちに金属が溶け出すとその成分が歯茎に沈着して黒っぽくなることがありますがセラミックの場合はそういった心配もありません。見た目的にも機能的にも、金属よりも優れていて使いやすいといった特徴があります。

普段から清潔に努めること

セラミックは、平均として大体10年くらいは持つと言われるほど耐久性に優れた素材でありしっかりと管理を怠らなければ20年ほど持つと言われています。そのため、セラミックにしたら効果を長く維持できるようにするために普段から清潔に努めることが大事になります。食後は必ずブラシを使って歯を磨くようにし、間食など簡単に何か食べた時でもうがいだけでもすると良いと言われています。また、就寝前にはブラシとともにデンタルフロスも使いながら磨くようにすると汚れが溜まりにくくなると考えられています。定期的に、病院でもメンテナンスを受けるなどして健康管理を怠らないようにすれば丈夫で健康な歯の機能を長く維持することが出来るようになります。